≪筆坊主の田舎暮らし≫


 このコーナーの
『エッセイ』では、筆について、工芸について、更には、四季の移
ろいの中での、田舎暮らしのあれこれなどを、できれば写真を添えて、折に触れ書
き足していく予定です。

 又、以前、某新聞に
『田園の詩』と題して、1993(H5)年から2001(H13)年まで、
120数編の文章を連載したことがあります。

 札幌市在住の直木賞作家のG氏と、軽井沢在住のエッセイストT氏と、私の3人で、
10日毎に発行される新聞に順番に書きました。途中からは2人になってペースが上
がり、話題を見つけるのに苦労したことを思い出します。

 過去のことになりますが、これも「筆坊主の田舎暮らし」の一部なので(だったの
で)、掲載順にそのまま再連載いたします。(現在も相変わらずの生活です。)
 
 新聞という性格上、文字数の制約があり、又、その当時の話題を取り入れたりし
て、今となっては遠い昔の思い出のような文章もあります。(最近撮影したものにな
りますが、カットのようなつもりで、なるべく文章の内容にあった写真を添えたいと
思います。)

 『田園の詩』、2008.2.6〜2010.9.1に再掲載してNO.127で全て終了しました。

  
拙い上に、長い文章もありますが、よろしかったらお付き合いください。

       ≪ナンバーごとにクリックすればページが開きます≫

  【 エッセイ 】

エッセイ・NO.1  「ページ開設のご挨拶」    (2007.12.1)

エッセイ・NO.2 「まだまだ、ヨチヨチ歩きですが…」(2008.1.1)


エッセイ・NO.3 「極上(?)馬毛筆」       (2008.3.3)

エッセイ・NO.4  「『月刊・セーノ』に載りました」  (2008.8.2


エッセイ・NO.5 「平成21年 年賀状」      (2009.1.1)

エッセイ・NO.6 「平成22年 年賀状」      (2010.1.1

エッセイ・NO.7 「平成23年 年賀状」      (2011.1.1)

エッセイ・NO.8 「平成24年 年賀状」      (2012.1.1)

エッセイ・NO.9 「平成25年 年賀状」       (2013.1.1)

エッセイ・NO.10 「新聞(朝刊)の一面で筆が紹介されました」(2013.9.3)


エッセイ・NO.11 「平成26年 年賀状」      (2014.1.1)

エッセイ・NO.12 「平成27年 年賀状」      (2015.1.1)

エッセイ・NO.13 「平成28年 年賀状」      (2016.1.1)

エッセイ・NO.14 「平成29年 年賀状」      (2017.1.1)

エッセイ・NO.15 「平成30年 年賀状」      (2018.1.1)

エッセイ・NO.16 「平成31年 年賀状」      (2019.1.1)

エッセイ・NO.17 「令和2年 年賀状」       (2020.1.1)

エッセイ・NO.18 「令和3年 年賀状」 NEW (2021.1.1)


 【写真アルバム】(更新する毎に、トップページの写真をこちらに移動させます。)

トップページ・写真集 @     07.12.1 〜 09.12.31

トップページ・写真集 A     10.1.1  〜 11.12.31


トップページ・写真集 B     12.1.1  〜 13.12.31

トップページ・写真集 C 
    14.1.1  〜 15.12.31

トップページ・写真集 D     16.1.1  〜 17.12.31
 
トップページ・写真集 E     18.1.1  〜 19.12.31  

トップページ・写真集 F     20.1.1  〜   
NEW


 【田園の詩】
(既出の文章の写真も、適宜、最適なものに取り替えています。)

NO.1   「京の三年 田舎の三日」    (1993.2.9) 

NO.2   「贅沢な菜人の話」        (1993.3.9)


NO.3   「わが筍遍歴」          (1993.4.6)


NO.4   「一粒の種 生きてこそ」      (1993.5.4)

NO.5   「青田今昔」             (1993.6.8)

NO.6   「ライフスタイル様々」       (1993.8.3)

NO.7   「不時不食」            (1993.9.7)

NO.8   「盆帰省」             (1993.10.5)

NO.9   「小学校の運動会」        (1993.11.23)

NO.10   「筆工の願い」          (1993.12.28)

NO.11  「遊び心」             (1994.2.8)

NO.12  「花粉症」             (1994.3.8)

NO.13  「野鳥日記」            (1994.4.5)

NO.14  「鯉のぼり」            (1994.5.3)

NO.15  「ケムたい話」           (1994.6.7)

NO.16  「蛍賛歌」             (1994.7.5)

NO.17  「晴読雨耕」            (1994.8.9)


NO.18  「セミ、春秋を知る」        (1994.9.13)

NO.19  「名月祭」             (1994.10.4)

NO.20  「自然の不思議」         (1994.10.25)

NO.21  「田舎の変化」          (1994.11.15)

NO.22  「柿が取り持つ縁」        (1994.12.6)

NO.23  「山芋掘り」           (1994.12.27)

NO.24  「借りたら返す」          (1995.1.31)

NO.25  「急がば回れ」          (1995.2.21)

NO.26  「花粉症今昔」          (1995.3.21)

NO.27  「過疎 過密」           (1995.4.11)

NO.28  「校歌」              (1995.5.2) 

NO.29  「私の美味求真」          (1995.5.30) 

NO.30  「交流の輪」           (1995.6.20) 

NO.31  「鹿せんべいと白熊」       (1995.8.1) 

NO.32  「京都ナンバー」         (1995.9.12)

NO.33   「田舎と都会」           (1995.10.10)

NO.34  「野球留学」            (1995.10.31)


NO.35  「隣の芝生」            (1995.11.21)


NO.36  「新鮮な空気」          (1995.12.12)

NO.37  「国東新工会」          (1995.12.26)

NO.38  「本物のUターン」        (1996.1.30)


NO.39  「南国の雪遊び」         (1996.2.13)


NO.40  「厳冬のめぐみ」        (1996.2.27)


NO.41  「温かい弁当」         (1996.3.12)

NO.42  「春を待つ心」         (1996.3.26)

NO.43  「姿を見せぬ鳥」         (1996.4.9)


NO.44  「桜狩」            (1996.4.23)


NO.45  「一緒に遊んだ夜」       (1996.5.7)


NO.46  「国東の仏さま」        (1996.5.28)

NO.47  「絶妙のタイミング」       (1996.6.11)

NO.48  「ほしいまゝ」          (1996.6.25)

NO.49  「シラサギとカラス」       (1996.7.9)

NO.50  「宅地分譲」          (1996.7.23)

NO.51  「名水ブーム」         (1996.8.6)

NO.52  「夏草の里」           (1996.8.20)


NO.53  「二学期を前に」         (1996.9.10)


NO.54  「台風に想う」          (1996.9.24


NO.55  「競い合うお米たち」       (1996.10.8)


NO.56  「≪におい≫今昔」       (1996.10.29)

NO.57  「嫌香権」             (1996.11.12)

NO.58  「ワラの感触」         (1996.11.26)

NO.59  「伝統工芸の現状」       (1996.12.10)

NO.60  「柚子味噌」          (1996.12.24)

NO.61  「福 餅」             (1997.1.7)

NO.62  「県南落語組合」        (1997.2.4)

NO.63  「三 楽」            (1997.2.18)

NO.64  「宅配便交流」          (1997.3.4)

NO.65  「手考足思」          (1997.3.18)

NO.66  「イノシシの被害」        (1997.4.8)

NO.67  「後継者問題」         (1997.4.9)


NO.68  「草を焼く煙」          (1997.6.10)


NO.69  「無人販売所」         (1997.7.9)


NO.70  「石拾い」            (1997.7.29)


NO.71  「夏の夜の静寂」        (1997.9.9)

NO.72  「野菜作り10年」        (1997.9.23)

NO.73  「立派な選落」          (1997.10.28)


NO.74  「本物の田舎暮らし」       (1997.11.25)


NO.75  「お祭りの保存継承」       (1997.12.23)


NO.76  「自給自作」           (1998.2.3)

NO.77  「謙遜と誇り」          (1998.2.17)


NO.78  「スラップスケート」        (1998.3.3)


NO.79  「効き過ぎる暖房」        (1998.3.17)


NO.80  「母屋を取られる」        (1998.3.31)


NO.81  「筆の命名」           (1998.4.21)

NO.82  「手揉みの新茶」        (1998.5.19)

NO.83  「ホタル日記」          (1998.6.9) 

NO.84  「コビリ今昔」           (1998.6.30)

NO.85  「七夕まつり」           (1998.7.28)

NO.86  「ラジオ体操」           (1998.9.1)

NO.87  「面白英語」            (1998.9.22)

NO.88  「印遊び」             (1998.10.13)

NO.89  「国民文化祭」          (1998.11.3)

NO.90  「ナスビの大往生」        (1998.11.24)

NO.91  「趣味の完結」          (1998.12.15)

NO.92  「花木をめでる」         (1999.1.5)

NO.93  「駅伝大会」            (1999.2.9)

NO.94  「待たれる真打ち登場」      (1999.3.2)

NO.95  「狩り名人の猫3匹」       (1999.3.23)

NO.96  「足踏みする春」         (1999.4.13)

NO.97  「一期一会の食事会」       (1999.5.4)


NO.98  「老舗の心意気」         (1999.6.1)


NO.99  「『荒城の月』よ永遠に」      (1999.6.22)


NO.100 「ビワに満足」          (1999.7.13)


NO.101 「ネコのおかげ」         (1999.8.3)

NO.102 「筆の個展」           (1999.8.24)

NO.103 「雨バテ」             (1999.9.21)

NO.104 「来賓席から見た運動会」     (1999.10.19)

NO.105 「どぶろく祭」            (1999.11.2)

NO.106 「戦い済んで日が暮れて」     (1999.11.23)

NO.107 「藁 こづみ」          (1999.12.14)

NO.108 「祭りの日程」           (2000.1.4)

NO.109 「ミカン式」             (2000.2.8) 

NO.110 「年賀状雑感」         (2000.2.29)

NO.111 「花粉症対策」         (2000.3.31)

NO.112 「窮屈な学生服」          2000.4.11)

NO.113 「私の花見」           (2000.5.2) 

NO.114 「使えない名刺」        (2000.5.30)

NO.115 「芒種の頃」          (2000.6.20) 

NO.116 「乾シイタケ」          (2000.8.1) 

NO.117 「賑やかな初盆会」        (2000.8.29)

NO.118 「水引さん」           (2000.9.19)

NO.119 「喜怒哀楽」           (2000.10.10)

NO.120 「中国筆の現状」        (2000.10.31)

NO.121 「ワラジの子供たち」      (2000.11.21)

NO.122 「これぞ≪山芋通≫推奨料理」 (2000.12.12)

NO.123 「私のパソコン元年」      (2001.1.9) 

NO.124 「国東の鬼会」         (2001.2.13) 

NO.125 「職人の技術交流」      (2001.3.6) 

NO.126 「春は名のみ」        (2001.3.27) 

NO.127 「貝掘り」           (2001.4.7)