[エッセイNO.] [トップページ]

 
エッセイ・NO.10   「 新聞(朝刊)の一面で筆が紹介されました 」   (2013.9.3)


 大分合同新聞の日曜朝刊の「OITA CONTINUE」シリーズで筆が紹介されました。新聞一面を
使ったこの企画の趣旨は次のように書かれています。      (2013.8.25 日曜日 朝刊)

  協賛社の皆さまとともに、大分の素晴らしさを伝える「OITA CONTINUE」は3年目を迎えました。
 今シリーズでは、今も息づく大分の「技」をテーマに、地域とのつながりや歴史背景を紹介します。
 大分の良さを再発見・再認識し、後世に伝えるきっかけになれば幸いです。

     
       大分合同新聞です。ページは入れ替えています。乾燥中の筆を添えてみました

 OITA CONTINUE  技    【 筆 】 繊細な手技が生む 確かな道具

  質感、色合い、筆先の量、軸の長さ、ひとつひとつ違う表情をみせる筆。繊細さと力強さを兼ね備え、
書き手の個性を輝かせる。それを実現するのは卓越した筆職人の技。しかし近年、筆作りは分業化が
進み、歴史と伝統に培われた筆職人は「絶滅の危機」にあるという。今から千年以上昔、筆作りの技法
は大陸から伝わり、古都・奈良の地において発展してきた。

  杵築市山香町。 のどかな田園風景が広がる山奥の小さな工房で、その技術は受け継がれている。
「奈良筆」の本場で修業を積んだ筆職人・御堂順暁氏は、代々続く浄土真宗・願教寺の住職を務めなが
ら、一本一本丹念に筆を作り続けている。

 その手仕事は実に細やか。まず原毛を選別する「毛組み」から始まる。これはいわば設計図のような
もの。馬毛・羊毛・狸毛など厳選した天然の動物の毛を、独自の配合で組み合わせる。そこから灰をふ
りかけ熱を加えた「火のし」、墨含みを良くする「灰もみ」、美しい毛に整える「寸きり」など様々な工程を
経て最後に筆銘を彫る。一本の筆が完成するまでには多くの技術が必要となる。

 熟練の技が生む唯一無二の一本は、使ってこそ活きる道具。書道だけでなく、絵手紙や水墨画など
用途はさまざま。ひとたび手に取れば、それは新たな驚きをもたらす。繊細なものづくりが失われつつ
ある今こそ、日本の古き良き道具を身近に感じ、伝えたい。

                   (記事を全文転載しました。協賛社名は、申し訳ありませんが、省かせてもらいました。)

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8月20日、猛暑の中、若い取材班が4名来訪したのには驚きました。(テレビでは良くあることですが)
その内3名は「筆の写真を撮ってきます」といって、小さな筆掛とその辺にあった筆を自分たちで選んで、
何本か持って寺の本堂の方に行きました。私は、工房で、記事を書く女性の方の質問に答えながら、
筆職人になった経緯、様々な筆や原料・道具のこと、職人の世界の後継者問題など、多くのことを話し
ました。

        
        工房の玄関(正面木戸)から3分の2位の室内です。色々散らかっています。ネコが寝ている所に
          普段はパソコンを置いています。仕事台は、一番右端の机と、撮影場所より後方にあります。

       

 しばらくして、話も一段落した頃、写真班が戻ってきたので、「今度は、私の顔写真を撮るの?」と聞い
たら、「いいえ。もう、終わりました。写真は一枚しか載せられませんので。」との答えが返ってきました。
写真に撮られる緊張から解放されたものの、すこし残念な気がしたのも事実です。

 さて、8月25日の日曜・朝刊に載るとの事だったので、期待しつつ開いてみてビックリ。やはり、一面
全部はインパクトがあります。色々話したことをどのようにまとめたのか?、筆写真だけなら私がこれぞ
と思う筆を選んで渡せばよかった・・・などと気になっていましたが、若いスタッフさんたちは、記事も写真
も素晴らしい仕事をしてくれました。

 筆を、「使ってこそ活きる道具」という視点から、記事がまとめられており、また、写真の筆も特に高価
なものでなく普通の筆ですが、墨を含ませれば「新たな驚きをもたらす」雰囲気を漂わせているのには、
作った本人もしばし見とれてしまいました。写真力の高さが、それを引き出してくれています。

 これまで、雑誌や新聞に何度も載せてもらいました。今年も、テレビの地方局のニュースに3度ほど
出ました。しかし、新聞一面全部というのは始めてです。ある人に「自分で宣伝したの?」と聞かれまし
た。とんでもない、そんなことはできません。協賛社の方々がお金を出して、大分県のためにこのページ
を作って下さっているのでしょう。本当に有り難いことです。お世話になりました。

                                                [エッセイNO] [トップページ]