『田園の詩』  NO.14   「鯉のぼり」      (1994.5.3)

 萌えでる若葉の山々を背景に、鯉のぼりが、からだいっぱいに風をはらんで青空を泳いで
いるさまは、この季節のなんともすがすがしい田舎の風景です。

 過疎化が進んでいるので、山里に住む若夫婦や子供はごく少ないのですが、それでもあち
こちに良く見受けられます。都会で暮らす若夫婦の実家の祖父母が、庭に立派な鯉のぼりを
上げるからです。

 毎日、見上げる子供のいないことは、一抹の淋しさはあるものの、お陰で、私達は悠々と泳
ぐ姿を楽しむことができます。

     
      4月上旬ころより「鯉のぼり」が見られるようになります。当地では、名前を染めこんだ
       「のぼり旗」(武者絵など)をセットで立てます。                  (08.4.2写)


 鯉のぼりを見ていつも思い出すことが、私にはあります。それは、小学校の頃、国語の本で
読んだ次のような話です。

  電線にスズメの兄弟達(作者はそう思ったのでしょう)がとまって話をしています。元気のい
 い兄が「あの鯉のぼりの腹の中を通り抜けてみようか」と言って、サッと飛び立ち、見事に通
 り抜けました。気の弱い弟達は、なかなか思い切れません。それでも、一羽二羽と通り抜け、
 最後はみんなできて、一日中楽しく遊びました。

 実は、これと似たようなことが我が家に起こったのです。お彼岸を過ぎたある日、大きな音が
したので、行ってみると、コジュケイが廊下の窓ガラスを割って家の中に飛び込んでいました。
鳥が家に飛び込むなんて、昔は時々ありましたが、ここ数十年程はなかったことなので、新鮮
な驚きを覚えました。

 子供が野鳥に興味があるので、一日だけ飼って観察した後、逃がしてやりました。そしたら
最近、取り替えたばかりの窓ガラスを割って、コジュケイがまた飛び込んで来たのです。

 鯉のぼりを見て、スズメの話を思い出していた私には、コジュケイの兄弟が「俺もやるから、
お前もやれ」と張り合って、飛び込んだのではないかと思えるのです。

 「ちょっとこい、ちょっとこい」と裏山で元気に鳴いており、兄弟が沢山いるようですが、もうや
めてもらいたいものです。鳥も痛かろうし、ガラス代もかさむので。